notes
  • デリヘル動物園とは
  • 園歌
  • 動物ふれあい体験実話漫画
  • 動物一覧
  • 本日のふれあい展示動物
  • 今週のふれあい展示予定動物
  • 入園料
  • 本日の見どころ
  • 本日の体験イベント・割引
  • 園長・飼育員紹介
  • 園長日記
  • デリヘル動物園の遊び方
  • コスプレ・着ぐるみ一覧
  • 動物求人
  • 冠協賛個人
  • FC募集
キャストプロフィール
    しまうま

    写メ日記

    プロフィール

    • 非喫煙
    • 名前

      しまうま(28)

    • 身長

      0cm

    • バスト

      0(Acup)

    • ウエスト

      0cm

    • ヒップ

      0cm

    Q&A

      Q&Aがありません

    お店からのコメント

    シマウマは概して草を食す植物食である。シマウマの外見的特徴は、毛の黒地に白の縞模様に加え、大きな耳、先端がふさ状になった尾など、
    その姿は野生のロバとよく似ており、鳴き声もロバに近い。ゆえに「縞模様のロバ」と呼ぶ言語もある。

    シマウマの縞模様の効果は、捕食者が狩りの獲物とする個体を識別しにくくすることといわれてきた。
    これは、霊長類以外の哺乳類は色の識別能力が低いことと関連している。
    つまり、シマウマの白黒の模様は、霊長類以外の哺乳類が遠くから見た場合には草原の模様に埋もれ判別しにくいとされる。

    また、縞模様は身体の部位ごとに向きが異なり、群れをなすと各個体の縞模様が混ざって視覚的に同化してしまう。
    しかし研究により、天敵の大型肉食獣は人間ほど縞の認識ができておらず、このため同じところに暮らす他種の植物食動物の単一の色の被毛に対して、
    縞模様が特に天敵を混乱させることに優位ではないということが判明した。他にも説があり、
    日よけや草食動物のため群れている方が被害が少なく、仲間同士で群れを見つけるのに役立っているとも言われている。

    シマウマなど縞模様を持つ生物は、体表面で温度差を形成して微細な空気の流れを生じさせ体温調節に役立てているとする研究がある。
    しかしNHKのダーウィンが来た! 〜生きもの新伝説〜の放送で、独自にこの説の真偽を実際の生息環境で検証したところ、黒縞の部分は温度が大きく上がり、
    白縞の部分も黒縞よりは低いが温度が上昇し、低下を見せたのは温度差が生む風でなく自然の風が吹いたときだけということが判明した。

    女の子からのコメント

    出勤情報

    • 8/18(THU)
      16:00~24:00
    • 8/19(FRI)
      16:00~24:00
    • 8/20(SAT)
      16:00~24:00
    • 8/21(SUN)
      -
    • 8/22(MON)
      -
    • 8/23(TUE)
      -
    • 8/24(WED)
      16:00~24:00
keyboard_arrow_up

PAGE-UP